不動産

賃貸併用住宅を計画する際に考えるべきこと

投稿日:

①空室のリスク

賃貸物件に借り手がつくには、まず立地や家賃相場が重要です。競合するであろう周辺物件の家賃や間取り等の条件がとても参考になります。駐車場は必要ですか?周辺の賃料はどうなっているでしょう。借り手がつかないような物件を備えた賃貸併用住宅を作ってしまっては元も子もありません。時間をかけて綿密な下調べが必要です。

また、借り手に選ばれる最低限の設備が整っているでしょうか。さらに、トラブル対策のため音が響きにくい構造にしたり、宅配ボックスの設置もおススメです。さらに、建てた後もクリーニングや施設のメンテナンスなども都度行う必要性が出てくることも忘れてはいけません。

②税金などの手続きを自分で行う必要がある

賃貸を行い、それについて収入を得るということは、事業を自ら行うということになります。年末調整を会社にお任せすればよかったサラリーマンの方などは、不動産所得について計算、申請を自分で行わなくてはならなくなります。確定申告を含めて税金にまつわる知識を身につけるか、税理士に相談、依頼するといったことが必要になってきます。

③入居者トラブル

同じ建物の一部を他人に貸す、ということは、日常生活において多かれ少なかれ他人との接点が増えます。場合によっては、入居者とのトラブルも考えられます。足音などの音に対するトラブルやゴミの出し方、家賃の滞納など色々なトラブルが発生する可能性があります。

防ぎようがない場合もありますので、経費は発生しますが、これらの管理を管理会社に委託し、間に立ってもらうのも対策の一つです。クリーニング、メンテナンス等の対応も必要になりますので、管理会社の利用もふまえた資金計画が必要です。

堅実な資金計画の賃貸併用住宅経営を成功させるためには、上記ネガティブ項目の対策を計画段階からあらかじめ考えておくことが大切です。

備えあれば憂いなし!賃貸併用住宅の成功には、事前の下調べが欠かせません。

-不動産

執筆者:

関連記事

no image

家賃保証のサブリースシステム

賃貸併用住宅でどうしても不安があるとすれば、やはり賃貸経営の部分ではないかと思います。ここで一つの選択肢としてご紹介するのがサブリースシステムです。 幸せな賃貸併用住宅には、月々の家賃収入ありきです。 …

賃貸併用住宅のデメリット

まずは、賃貸併用住宅のデメリットになりうる点を理解した上で、正しい運営ができるような計画が大切になります。 ① 設計を失敗すると快適に暮らせない 賃貸併用住宅では、設計に失敗するとオーナーの住み心地に …

狭小住宅完成まで①契約

これまで全く高額な買い物をしたことのない地味な中年ですが、なんとこの度、土地の購入契約をしました。とはいっても、間口2間の10坪しかない可愛いらしい不動産ではありますが、まずは行動できたことに満足して …

アパート経営

アパート経営は、継続的な家賃収入により安定した不労所得が得られ、最終的に資産価値の高い「土地」を残すことができます。 土地の運用を検討されている方はもちろん、土地をお持ちでない方でも、事前にしっかり下 …

空き地活用

将来的な地価下落や税金等の維持費で、収益を生まない空き地は負動産という時代になってきました。 1.空き地のメリット いざ土地を売却したいという時には、一般的に空き地のほうが建物付きの土地よりも売りやす …